歯科 歯科検診 歯科金属アレルギー 小児歯科 歯周歯科 麻酔歯科 歯科ホワイトニング 歯科レーザー治療 歯科口臭 予防歯科 審美歯科 スポーツ歯科 歯科口腔外科

Tel. 03-3468-1883

Mail. doctor.k@mocha.ocn.ne.jp

岸田歯科からのお知らせ
<2019年5月20日>
~レスポンシブ対応について~
レスポンシブ設定が機能している箇所と機能しきれていない箇所があるため、スマホで表示した場合に画面内にコンテンツが収まっている場所とはみ出している場所が混在してしまってます。勉強不足 スミマセン!
 

◇◇◇ 歯磨きについて ◇◇◇           

患者さんからの質問の多い歯磨きについて、歯ブラシ&フロスの使い方のポイントをまとめたので参考にして下さい。
正しい歯磨きは虫歯、歯周病の予防につながります。

歯ブラシの使い方は、
青の矢印の部分(歯周ポケット)

に歯ブラシの毛先を插入し


毛先を動かさないように、力を入れず揉むように10回ほど振動させます。

毛先を動かしてしまうと、ポケットから毛先が外れ歯グキの表面を擦る事になり、繰り返してると擦過傷で歯グキが削れ、歯の根っこ部分が露出して知覚過敏になってしまいます。
一度歯グキが削れてしまうと、元に戻らなくなってしまうのでご注意を!
『ちゃんと歯磨きしてるのに・・・?』って来られる患者さんの多くは、このケースのような間違えた歯磨きをされてる方がいらっしゃいます。


フロスの使い方は、20センチ程切ったフロスを両方の人差し指に巻き付け

1本ずつ歯の歯間にフロスを通し上下に動かします。



歯ブラシとフロスはセットで行い食後30分後に行うのが理想です。
汚れの全体の6割が歯ブラシ、残りの4割はフロスによって清掃する感じで行うのがベストです。
歯ブラシだけで済ませる人は折角最高のブラッシングを行っても6割程度しか汚れが取れてない残念な結果に。
正しい歯磨きが行われていないと、歯垢がたまり、それがご自分では除去できにくい歯石となり歯周病になりやすくなります。
ご自身の歯はご自身できちんと磨けるようになると良いですね。
また正しい歯磨きができているのか? のチェックは半年に一度くらいのペースで当医院で行っておりますので、いらして下さい。